色絵竹に朝顔図面取り花瓶 源六作 明治後期
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

色絵竹に朝顔図面取り花瓶 源六作 明治後期

Last 1

100,000 JPY

About shipping cost

江戸期からあった窯なのだが、富永源六という人物が登場して、輸出を目指した製品は肥前窯の中心地である有田焼とはまた違う味のある製品が現出しました。 職人を統率した彼の美意識が破格だったのだろう。